事業概要

英国式トランスフォームコーチング

コーチング技法を使い個人の新しい可能性を開く、カフェスタイルのお困りごと相談所。

日頃の悩み、迷いを「意図ある対話」にて解決いたします。 

コーチングの歴史

 「コーチ(Coach)」という言葉が登場したのは1500年代で、「馬車」という意味があり、「大切な人をその人が望むところまで送り届ける」という意味が派生しました。

 

 1840年代には、英国オックスフォード大学で、学生の受験指導をする個人教師のことを「コーチ」と呼ぶようになりますが、スポーツの分野で使われるようになったのは1880年代になってからで、ボート競技の指導者が「コーチ」と呼ばれていました。

 

 マネジメントの分野でコーチという言葉が使われ始めたのは1950年代。

MylesMace(当時ハーバード大学助教授)が”The Growth and Devekopment of Executives”(1959年)という本の中で、「マネジメントの中心は人間であり人間中心のマネジメントの中でコーチングは重要なスキルである」と位置づけています。

 

 1980年代になるとコーチングに関する出版物が登場。

”Passion for Excellence”(1985)Tom Peters、”Coaching for Commitment”(1989)Dennis Kinlaw等です。

1987年には、マネジメント・セミナーが開催され、アメリカを代表するコーチのTim Gallwey・インナーゴルフの著者、John Wooden・大学バスケットボール監督等コーチング研究者たちが一同に介してコーチングのテクノロジーについて、語るようになりました。

 

 1992年後半には、米国でコーチを育成する大学、Coach Universityが誕生し、コーチング・スキルのトレーニングを提供するようになり、また企業内コーチ育成のためのCorporate Coach Ulnternationalが1997年に設立され、現在、米国では約10,000人以上がコーチとして活躍中です。